イクラのパスタ/レモン仕上げ

イクラのパスタ/レモン仕上げ【パスタ・コン・ウオヴァ・ディ・サルモーネ】

Pasta con uova di salmoneパスタ・コン・ウオヴァ・ディ・サルモーネ

イクラと予算が許すならばサーモンを加えて豪華仕様にできるレモン仕上げのパスタです。

イクラはそのまま使用する前提ですと醤油漬けしか手に入らないケースが多いと思いますが、もし余裕があるならば(自身で漬けられる場合)塩漬けを推奨します。

理由は、醤油の強さです。醤油は非常に強くて他素材の風味全てに勝ってしまいやすく、食材と香草によって味(風味)を組み立てるイタリアンにおいては非常に使いにくい素材だと僕は考えているからです。

余談ですが、食材同士が喧嘩している調理に気づくことのできない方が多いのも(だからそういうメニューが多いわけで)、この醤油等の強い調味料への慣れが原因なのではないかなと推察します。

今回のレシピでは生クリームを投下することで醤油漬けでもまろやかに緩和でき、他素材の味わいも立たせることができていますが、やはり塩漬けの方がより鮮明にそれぞれの風味を立たせて美味しく頂けるのではないかと感じます。

バターとレモンの組み合わせはそれだけで酸とタンパク質の結びつきによりクリーミーに仕上がります。

イクラが塩漬けの場合であれば生クリームは使用しなくてよいと思います。

サーモンを加える場合においてはイクラとサーモンとの繋ぎになりつつ食べ応えを大幅にアップしてくれるので、お好みで生クリームを投下してよいと思います(しなくてもよいと思います)。

しかし、醬油漬けのイクラを使用する場合においては醤油緩和と各素材との繋ぎという面において生クリームは必須ではないかなと考えます。

パスタはスパゲッティ、リングイネ、タリアテッレ等が定番、ショートパスタのフジッリやファルファッレもありですね。


イクラのパスタ/レモン仕上げ材料2人分

パスタ160g
玉ねぎ1/4個
イクラ40g(可能ならば塩漬け)
サーモン50g(豪華仕上げの場合)
生クリーム80ml
レモン1個
バター30g
オリーブオイル大匙1
チャイブ適量(代用:アサツキ、わけぎ、イタリアンパセリ)
塩適量

1人分:約693カロリー


イクラのパスタ/レモン仕上げ調理工程(約20分)

STEP1 パスタ用に湯を沸かし、1%の塩を投下します(1人前でも最低1L以上としましょう)。

表記時間より2分早く上げる予定です。

レモンの皮をすりおろし、玉ねぎをみじん切りにしておきます。
STEP2 フライパンでバターとオリーブオイルを加熱し、バターを溶かしたら微塵にした玉ねぎを投下します。

数分間炒め、玉ねぎが透明になったらレモンの皮、イクラをスプーン一杯、微塵にしたチャイブ、サーモンがある場合はサーモン(細切れ)を投下してゆで汁をお玉2杯加えてひと煮立ちさせたら、火を止めてパスタが茹で上がるのをまちます。
STEP3 パスタが茹で上がったら、更にお玉1杯のゆで汁と共にベースソースに加え、レモン果汁をしぼって加えたらパスタをあえ煮込んでいきます(リゾッターレ)。

ベースソースを全てパスタに閉じ込めたら仕上げです。

皿に盛り付けてイクラを盛り付け、チャイブを散らしたら完成です。
イクラのパスタ/レモン仕上げ【パスタ・コン・ウオヴァ・ディ・サルモーネ】の調理工程3

イクラのパスタ/レモン仕上げの調理ポイント

フロントの解説部分で食材同士のバランス、このレシピにおいてそのバランスを調整できるように解説したとおりです。

イクラのパスタ調理においてよりバランスがとりやすい別バージョンとして、レモンの代わりにトマトペースト(大匙1/2)を使用するレシピも非常に美味しくてお勧めできますよ!


イクラのパスタ/レモン仕上げについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る
記事内食材解説・補足
イクラ[uova di salmone]醤油漬けと塩漬けがありますが、塩漬けはお店で売っているケースは少なく、筋子を買って自身でつける必要があると思います。 イタリアンに使用する際においてはできれば塩漬け、生クリームを加えるなどして醤油感を ... [詳細解説へ]
読み方:ウオヴァ・ディ・サルモーネ
分類:魚卵
クリーム[crema]読み方:クレマ
サーモン[salmone]鮭(しゃけ)のこと。日本においては鮭は加熱する必要があり、サーモン(養殖)は生食可能として分けられています。
読み方:サルモーネ
分類:魚
ショートパスタ[pasta corta]ロングパスタに対して短いパスタで、形状が変わると料理の味わいも変わります。その種類は非常に豊富
読み方:パスタ・コルタ
分類:パスタ
スパゲッティ[spaghetti]断面が正円のロングパスタで直径が1.8~2.0mm前後のものをスパゲッティと言います。好みによりそれより少し細いスパゲッティーニを使うケースがあります。 僕は通常、スパゲッティー系はディベラのNo.9 ... [詳細解説へ]
読み方:スパゲッティ
分類:パスタ
代用品:スパゲッティー二
タリアテッレ[tagliatelle]イタリア北部で用いられるロングパスタ。幅は5〜8mm前後で、中南部においてはこのタイプの麺をフェットゥチーネといいます。 両者は基本的に違いはないが、フェットゥチーネよりタリアテッレは若干薄く、幅も狭 ... [詳細解説へ]
読み方:タリアッテッレ
分類:パスタ
代用品:フェットチーネ|パッパルデッレ
チャイブ[erba cipollina]和名はエゾネギ(セイヨウアサツキ)。代用品として挙げられるアサツキはチャイブの変種です。
読み方:エルヴァ・チポリーナ
分類:香草
代用品:わけぎ|アサツキ|イタリアンパセリ
ファルファッレ[farfalle]蝶ネクタイのような形をしており、イタリア語のfarfalla(蝶々)が名前の由来です。中心分に厚みがある為、思いのほか食べ応えがあり、表記時間より若干長めに茹でた方が僕個人的感覚では美味しいように思い ... [詳細解説へ]
読み方:ファルファッレ
分類:パスタ
フジッリ[fusilli]ショートパスタの一種で、くるくるです。 日本では、フジッリ以外にもくるくるパスタやカールマカロニの名称で親しまれています。 フジッリ・ブカーティやロングパスタのフジッリ・ルンギ、類似した外観のロティー ... [詳細解説へ]
読み方:フジッリ
分類:パスタ
代用品:ショートパスタ
リングイネ[linguine]断面が楕円のロングパスタです。表面積がスパゲッティよりも広い為、もちっとした触感が楽しめます。
読み方:リングイネ
分類:パスタ
代用品:スパゲッティ
レモン[limone]読み方:リモーネ
分類:柑橘類
ロングパスタ[pasta lunga]細長いパスタ全般のことを指します。
読み方:パスタ・ルンガ

このページのURLをコピーする

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato