オリーブ風味の鶏肉のスカロッピーネ

オリーブ風味の鶏肉のスカロッピーネ【スカロッピーネ・ディ・ポーロ・アレ・オリーヴェ】

Scaloppine di pollo alle oliveスカロッピーネ・ディ・ポーロ・アレ・オリーヴェ

翻訳では、フランス語ベースのエスカロップと訳されましたが、日本においてもスカロッピーネの名称が多少見受けられましたので、そのように表記しました。

スカロッピーネ(エスカロップ)は、骨のない薄切り肉に小麦等をまぶしたものを指します。

オリーブ風味の鶏肉のスカロッピーネ(エスカロップ)はレモンとオリーブ、ケッパーの風味が心地よいとても美味しいセコンドで、いつもとは少し違う簡単なレシピを探している場合に最適です。

スカロッピーネはワインやトマトソースで調理されることが多くこの、レモンとオリーブ、ケッパーの組み合わせはピカタを彷彿とさせます(ピカタの発祥はイタリア:仔羊のバター焼き+レモン果汁)。

ソースがクリーミーで肉は柔らかく、そして比較的軽めです。

毎日の料理に用意したり、来客時や家族との日曜日のランチにも提供できる皿ですよ!


オリーブ風味の鶏肉のスカロッピーネ材料2人分

鶏の胸肉250g
スライスオリーブ40g
バター20g
白ワイン1/4グラス
ケッパー大匙1/2
レモン1/2個
小麦粉適量
イタリアンパセリ適量
塩・胡椒適量

1人分:約354カロリー


オリーブ風味の鶏肉のスカロッピーネ調理工程(約25分)

STEP1 バターをフライパンに細かく入れて火にかけ、溶かします。

鶏肉のスライスに小麦粉をまぶしてフライパンに入れ、両面に焼き色を付け、塩、胡椒で味を調えます。

次にワインを加えて、アルコールを飛ばします。
オリーブ風味の鶏肉のスカロッピーネ【スカロッピーネ・ディ・ポーロ・アレ・オリーヴェ】の調理工程1
STEP2 アルコールを飛ばしている間にオリーブ、ケッパーを細かく刻みます。

オリーブ、ケッパーをフライパンん投下し、レモンの皮のすりおろし、レモンジュースも加えてフライパンに加え、よくかき混ぜます。
オリーブ風味の鶏肉のスカロッピーネ【スカロッピーネ・ディ・ポーロ・アレ・オリーヴェ】の調理工程2
STEP3 クリーム状になるまで火にかけ、パセリのみじん切りを加えて仕上げです。

皿に盛り付け、フライパンに残る、オリーブやケッパー等の具材をソースとして全てを盛り付けて完成です。
オリーブ風味の鶏肉のスカロッピーネ【スカロッピーネ・ディ・ポーロ・アレ・オリーヴェ】の調理工程3

オリーブ風味の鶏肉のスカロッピーネの調理ポイント

薄切りにした肉を小麦粉でまぶしてから焼くだけの調理、非常に簡単で短時間で調理できます。

またレモンのおかげなのか肉が柔らかくとても美味しい一品になります。


オリーブ風味の鶏肉のスカロッピーネについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る
記事内食材解説・補足
イタリアンパセリ[prezzemolo]香味野菜として使います。すり潰した葉や細かく刻んだ葉を料理のソースやドレッシングなどに利用したり、茎や葉を煮込み入れたり、そのままちぎってパスタなどの料理に添えられたりします。肉や魚の臭い消し、ビネガ ... [詳細解説へ]
読み方:プレッツェモロ
分類:香草
代用品:バジル|三つ葉|セロリの葉
オリーブ[oliva]オリーブオイルの他、ピクルスやピザの材料としたり、塩漬けにしてカクテルのマティーニに添えられたりします。 グリーンオリーブは果肉が硬めで、若干の渋みや塩味があります。 一方、ブラックオリーブはしっかり ... [詳細解説へ]
読み方:オリーヴァ
ケッパー[capperi]ケイパー、ケーパー、カープル(仏: câpre)とも呼びます。酢漬けと塩漬けがありますが、僕は調理では塩漬けをよく使います。しかし、塩漬けケッパーはあまりストアでは売っていないので見つけた時にまとめて ... [詳細解説へ]
読み方:カッペリ
分類:香辛料
バター[burro]読み方:ブーロ
レモン[limone]読み方:リモーネ
分類:柑橘類
ワイン[vino]読み方:ビーノ
分類:果実酒
小麦粉[farina]読み方:ファリーナ
胡椒[pepe]読み方:ペペ
分類:香辛料
鶏肉[carne di pollo]読み方:カルネ・ディ・ポッロ
分類:肉

このページのURLをコピーする

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato