にんじんピューレ

にんじんピューレ【プレ・ディ・カローテ】

Purè di caroteプレ・ディ・カローテ

にんじんピューレは、生クリームのおかげで本当にクリーミーで柔らかくなります。

レシピはとても簡単なので、時間がない時でも簡単に作れて、美味しく仕上がります。

ニンジンピューレは、野菜があまり好きではない子供たちに提供するのに理想的な料理でもあります。付け合わせの香りがさらに高まる、すりおろしたナツメグはオプションですがおすすめです。

この人参ピューレを最初のコース(プリモ)として提供する場合は、温かいクロスティーニ(クルトン)と一緒に楽しむのに最適で、通常は、アペリティーヴォ(食前酒)や前菜(アンティパスト)として提供されます。


にんじんピューレ材料4人分

ニンジン 400 g
生クリーム 125 ml
ナツメグ 適量
塩適量
オリーブオイル大匙2

1人分:約212カロリー


にんじんピューレ調理工程(約30分)

STEP1 ニンジンを洗い、皮をむき、早く火が通るように中程度の大きさの角切りにします。

鍋にオリーブオイルを入れて下塩をして炒めます。

ニンジンから出てくる水分を炒め煮込み再吸収させます。

次に水をニンジンを覆うように注ぎ、沸騰させ、ニンジンが柔らかくなるまで弱火で約20分間煮ます。
にんじんピューレ【プレ・ディ・カローテ】の調理工程1
STEP2 ニンジンの湯を切り、ブレンダーを使って滑らかになるまで混ぜます。

次に、生クリーム、塩、ナツメグをニンジンピューレに加え味を調えます。

オイルを少しずつ加えてブレンダーでよく混ぜます。混ざりにくい場合は、煮込みに使った湯を少し加えてください。

滑らかになったら仕上げです。

皿に盛り付けて完成です。
にんじんピューレ【プレ・ディ・カローテ】の調理工程2

にんじんピューレの調理ポイント

人参を炒め煮込む作業は僕の独自です。油で炒め煮込むことで野菜の甘みとうま味を引き出してから煮込んだ方が美味しくなるだろう感覚による工程です。

比較をしていませんが、出来上がりの味わいは間違いなく驚きがはいるほどの美味です。


にんじんピューレについてマスターの言及

記事内食材解説・補足
クリーム[crema]読み方:クレマ
ナツメグ[noce moscata]読み方:ノチェ・モスカータ
分類:香辛料
代用品:ターメリック
ニンジン[carota]読み方:カロータ
分類:香味野菜

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "ニンジン"

ジャガイモ、セロリ、ニンジンのミネストラ

Minestra con patate sedano e carote(ミネストラ・コン・パターテ・セダノ・エ・カローテ)イタリア人にとってミネストラの温かみは、家庭・祖母の味を思い出させるものなのだそうです。 新鮮な野菜がたっぷり入った温かいスープ …

バターニンジン

Carote al burro(カローテ・アル・ブーロ)人参は、東洋系ニンジンと西洋系ニンジンに大分類でき、東洋系は細長く、西洋系は太く短い見た目をしています。 ともに古くから薬や食用としての栽培が行われてきており、クセのある香りがあり、加熱すると甘 …

ニンジンの玉ねぎオリーブ炒め

Carote con cipolle e olive in padella(カローテ・コン・チポーラ・エ・オリーブ・イン・パデーラ)素朴でとても食欲をそそるアンティパスティ(前菜)。 肉や油の多い魚をベースにした料理から卵料理までと非常に幅広い分野の …

ニンジンの炒め物

Carote in padella(カローテ・イン・パデッラ)ニンジンの炒め物は、軽くておいしい、すぐに作れるおかずです。にんじんの皮をむき、薄い短冊状に切って炒めるだけです。 このようにして、外側はカリカリ、噛むと柔らかいまるで肉を食べているかのよ …

ビーツの豆添え

Barbabietola con fagioli(バルバビエトラ・コン・ファジョーリ)フダンソウ/スイスチャードの豆添え[Bietole con fagioli]として同様の調理が可能です。 ビーツの豆添えは、昨今ではあまり使われなくなったと言われる …

セロリのポルペッテ

Polpette di sedano(ポルペッテ・ディ・セダノ)イタリア料理ではニンジン、セロリ、タマネギを非常によく使い、この香味野菜らは主にソテーして様々な料理で使用します。 この三種類の野菜は、ある種特別の素材といえ不可欠です。 ポルペッテは日 …

セロリのアンチョビ炒め

Sedano in padella alle acciughe(セダノ・イン・パデッラ・アッレ・アッチュウゲ)アンチョビを添えたセロリの組み合わせは、本当に美味しいですが、珍しい組み合わせの付け合わせ(コントルノ)だそうです。 イタリア料理では非常に …

キノコのラグー

Ragù di funghi(ラグー・ディ・フンギ)濃厚でおいしいソースは、タリアテッレ、焼きパスタ、クロスティーニ、ポレンタなどの味付け(ソース)にも使用できる非常に便利な品です。 きのこのラグーは、古典的なミートソース(ボローニャ風ラグー)に代わ …

豆入りパンコット

Pancotto con i fagioli(パンコット・コン・イ・ファジョーリ)豆入りパンコットは農民発祥のボリュームたっぷりの料理で、古くなったパンとボルロッティ豆をベースにしたクリーミーでボリュームのあるスープです。 非常にシンプルな方法で調理 …

人参と玉ねぎのえんどう豆炒め

Piselli con carote e cipolle in padella(ピゼーリ・コン・カローテ・エ・チポーレ・イン・パデッラ)色々な料理に合わせて作って楽しめる、彩り豊かな付け合わせ(コントルノ)です。 えんどう豆つまりグリーンピースですが …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato