チーズのクロスティーニ

チーズのクロスティーニ【クロスティーニ・アル・フォルマッジョ】

Crostoni al formaggioクロスティーニ・アル・フォルマッジョ

カジュアルなディナーの前菜として手頃且つ美味しいチーズのクロスティーニです。

生ハムの盛り合わせとワインのボトルに合わせてとイメージするだけで食欲を掻き立てます。

バケットに塗るチーズ他食材を全て混ぜ合わせてオーブンで焼くだけでです。

チーズの種類は自由に入れ替えてもいいですよ!とっても手軽で美味しいクロスティーニをどうぞ!


チーズのクロスティーニ材料4人分

バケット1本
エメンタール 50g
エダム50g
生クリーム 30g
グラナ・パダーノ10 g
ローズマリー 1小枝
黒胡椒 2つまみ
バター適量

1人分:約245カロリー


チーズのクロスティーニ調理工程(約15分)

STEP1 まずパンを1.5cm程度の厚さに切ります。

ベーキングペーパーを敷いた天板にパンを移し、バターを塗ります。

その後、200°に予熱した静的オーブンで約4分間トーストします。

その間に、エダムとエメンタールの両方を立方体に切り、混ぜ合わせる準備をします。

クリーム、ローズマリーの葉をカットして加え混ぜ合わせます。
チーズのクロスティーニ【クロスティーニ・アル・フォルマッジョ】の調理工程1
STEP2 トーストしたパンのスライスにクリーム状になったチーズを塗ります。

オーブンの温度を180度に下げて再度10分焼いたら仕上げです。

皿に盛り付けて完成です。
チーズのクロスティーニ【クロスティーニ・アル・フォルマッジョ】の調理工程2

チーズのクロスティーニの調理ポイント

具材を混ぜ合わせる工程で固めのチーズを使用する場合は、ブレンダーを使用します。

ほとんど手間いらずで美味しいですよ!


チーズのクロスティーニについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る
記事内食材解説・補足
エダム[edam]エダムチーズは、ゴーダチーズと並ぶオランダの代表的なチーズのひとつで、脂肪分が低いチーズです。戦後日本に輸入されたチーズの第一号ともいわれており、オランダからの輸出用のエダムチーズには赤色のパラフィン ... [詳細解説へ]
読み方:エダム
分類:チーズ
代用品:パルメザン
エメンタール[emmental]チーズフォンデュに使われるチーズとしても有名で「チーズの王様」と呼ばれるスイス産のチーズです。アニメ等で穴あきチーズが登場するあれがエメンタールです。
読み方:エンメンターレル
分類:チーズ
代用品:グリュイエール|チェダー
グラナ[grana]イタリアは北部、ポー川流域で牛乳を原料とし生産されるハードチーズ。グラナ・パダーノが有名です。 熟成期間は最低9カ月最長2年でパルミジャーノ・レッジャーノに比べて熟成期間が短い分、価格が安価と言われて ... [詳細解説へ]
読み方:グラナ
分類:チーズ
代用品:パルミジャーノ
クリーム[crema]読み方:クレマ
バター[burro]読み方:ブーロ
パン[pane]読み方:パーネ
ローズマリー[rosmarino]強い香りが特徴のハーブ。羊肉、豚肉、イワシやサバなどクセの強い素材の臭み消しに役立つ一方、素材の風味づけにも使います。トマト、ニンニクなどとも相性が良いです。
読み方:ロズマリーノ
分類:香草
代用品:タイム|バジル|オレガノ|セージ|ローリエ
胡椒[pepe]読み方:ペペ
分類:香辛料

このページのURLをコピーする

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato