クランベリーのリゾット

クランベリーのリゾット【リゾット・アイ・ミルティッリ・ロッシ】

Risotto ai mirtilli rossiリゾット・アイ・ミルティッリ・ロッシ

クランベリーのリゾットは、本来、山で摘んだ野生のものを使用してリゾットとして楽しむのだそうです。

ロンバルディア州ベルガモ県にある、フォッポロというコムーネ(自治体)の典型的料理で、本来は地元の食材(バターやワイン等)で作られます。

クランベリーは日本においてはドライを使用するケースが多くなると思いますが、調理工程の中で戻る為、そのまま使用して大丈夫です(仕上げの飾り用を除く)。

また、同様のレシピで、ブルー、ブラックベリー等も調理できます。

この調理法は、山岳地帯の美食の伝統、特に北イタリアの古典レシピ、その中でも基本レシピに近いものです。

バリエーションとしては、ブルーベリーとスペック(代用はベーコン)のリゾットはかなり好まれて調理されるようですよ!


クランベリーのリゾット材料4人分

米 240g
玉ねぎ 1個
クランベリー 100 g + 飾り用
赤ワイン 1グラス
野菜ブロード(作り方
バター 50g
グラナ・パダーノ 60 g(代用:パルメザン)

1人分:約423カロリー


クランベリーのリゾット調理工程(約25分)

STEP1 沸騰した野菜ブロードを用意しておきます。

フライパンにバター総量の1/3程度を使って溶かし、玉ねぎを弱火でじっくり炒め、米を加えます。

2分間トーストしたら、仕上げ用を確保し、クランベリーを加えます。
クランベリーのリゾット【リゾット・アイ・ミルティッリ・ロッシ】の調理工程1
STEP2 赤ワインと混ぜてブレンドしアルコールを全て蒸発させて、ブロードを少しずつ加えながら、米を炊いていきます。

じっくりとクランベリーと米をあえ煮込みながら(リゾッターレ)炊いていきます。
クランベリーのリゾット【リゾット・アイ・ミルティッリ・ロッシ】の調理工程2
STEP3 米がアルデンテ(ちょうどよい感じ)になったら、火から下ろし、バターとチーズを加えて全体にかき混ぜて仕上げです。
クランベリーのリゾット【リゾット・アイ・ミルティッリ・ロッシ】の調理工程3
STEP4 皿に盛り付けて、確保しておいたブルーベリーをチラシたら完成です。
クランベリーのリゾット【リゾット・アイ・ミルティッリ・ロッシ】の調理工程4

クランベリーのリゾットの調理ポイント

本来クランベリーは生の新鮮なものを使用するのがよいですが、乾燥クランベリーでOKです。

調理工程でクランベリーがもどるのでそのまま使用で問題ありませんが、仕上げ用に確保しておくベリーは湯で戻しておきましょう。


クランベリーのリゾットについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る
記事内食材解説・補足
グラナ[grana]イタリアは北部、ポー川流域で牛乳を原料とし生産されるハードチーズ。グラナ・パダーノが有名です。 熟成期間は最低9カ月最長2年でパルミジャーノ・レッジャーノに比べて熟成期間が短い分、価格が安価と言われて ... [詳細解説へ]
読み方:グラナ
分類:チーズ
代用品:パルミジャーノ
クランベリー[mirtilli rossi]mirtilli(ブルーベリー)
読み方:ミルティッリ・ロッシ
代用品:ブルーベリー
バター[burro]読み方:ブーロ
ブロード[brodo]イタリアの出汁のことです。 ブロードの作り方はこちらなのでご確認下さい! フランス語のブイヨンはブロードのことなので市販のものを使う事はOK(肉のブロード)ですが、コンソメは味付けがなされているのでタ ... [詳細解説へ]
読み方:ブロード
分類:出汁
リゾット[risotto]リゾットは、米をバターで炒め、食材、ブロード加えて炊くという調理法で作られる米料理です。最初の皿(プリモ・ピアット)として提供されます。 乾燥している米の方が適しており、カルナローリ米を指定されるケー ... [詳細解説へ]
読み方:リゾット
分類:米
代用品:リゾーニ
ワイン[vino]読み方:ビーノ
分類:果実酒
玉ねぎ[cipolla]読み方:チポーラ
分類:香味野菜

このページのURLをコピーする

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato