サツマイモのクロスティーニ

サツマイモのクロスティーニ【クロスティーニ・ディ・パターテ・ドルチ】

Crostini di patate dolciクロスティーニ・ディ・パターテ・ドルチ

サツマイモは、ニョッキやブランチ用のクルトンまで、非常に用途の広い食材です。

今回、日本人的感覚と入手のしやすさでクリームチーズと生ハムという具材にしましたが、具材は自由です。

プロシュットの代わりにカジキマグロ(その場合はライムの皮を添えますね)を乗せる方がよりイタリア的かもしれません。勿論、チェダーやベーコンを乗せる方法も取れます。

たった、これだけでなぜこれほどまでに美味しいのか不思議で仕方がない、そんな品です。


サツマイモのクロスティーニ材料4人分

サツマイモ300g
プロシュット80g(代用:生ハム)
ストラッキーノ 20g(代用:他クリームチーズ)
黒胡椒 適量
オリーブオイル大匙1
ハーブ適量(バジル、イタリアンパセリ等)

1人分:約159カロリー


サツマイモのクロスティーニ調理工程(約25分)

STEP1 鍋に水を入れて沸騰させ、サツマイモを約20分間茹でます。

茹で上がったら水気を切り、1cm程の厚さの輪切りにします。

お好みで皮を剥がします(僕は皮が好きなので剝がしません)。

熱したテフロン加工のフライパンに少量のオリーブオイルを注ぎサツマイモの両面を焼きます。

両面合計5分ほどです。
サツマイモのクロスティーニ【クロスティーニ・ディ・パターテ・ドルチ】の調理工程1
STEP2 サツマイモを焼き上げたら、黒胡椒を散らします。

次にストラッキーノ(クリームチーズ)を塗り、プロシュット(生ハム)を乗せて、バジルやイタリアンパセリを散らして完成です。
サツマイモのクロスティーニ【クロスティーニ・ディ・パターテ・ドルチ】の調理工程2

サツマイモのクロスティーニの調理ポイント

御覧の通り、調理と言えないくらいのレベルの簡単さです。

指定の時間でちょうどよい感じに仕上がると思いますが、サツマイモは完全にホクホクにするのではなく、少し中心部にフレッシュ感を感じる程度が最も美味しいと思います。


サツマイモのクロスティーニについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る

このページのURLをコピーする

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato