イタリア語で「湿る」の意味があり、料理では、「煮る」という意味合い、煮込み料理の分類として使用されます。

イタリアの煮込み料理というとストゥファートやスペッツァティーノと共にこのウミド[umido]の料理も多いです。

ストゥファートやスペッツァティーノに比べて煮込み時間が短い料理である印象やストゥファートよりも汁気はすくなく、スペッツァティーノより多いという印象を僕は持ちますが、そういう指定があるわけではありません。

読み方・分類・読み方:ウミド
分類:煮込

Contorno

小豆のウミド/煮込み

Fagioli rossi in umido(ファジョリ・ロッシ・イン・ウミド)この小豆のウミドは、ヴェネツィアの伝統のボルロッティ豆を使った豆の煮込み[Fagioli in umido]の調理法を参考にレシピを調整した僕の考案レシピです。 Fagi …

Contorno

ジャガイモとセロリのスパイス煮込み

Umido di patate e sedano alle spezie(ウミド・ディ・パターテ・エ・セダノ・アレ・スペッツェ)スパイスを複合したカレーをつかった仕上げはイタリアンのイメージを持たない方は多いかもしれませんが、香辛料は古くから使用する …

Secondo Piatto

豆入り牛肉のウミド

Umido di manzo con fagioli(ウミド・ディ・マンゾ・コン・ファジョーリ)ウミドとは、湿る・煮るという意味で煮込みのことを指します。これまでスペッツァティーノやストゥファートをそれぞれいくつも紹介してきましたが、このウミドも煮込 …

Contorno

カリフラワーの煮込み

Cavolfiori in umido(カヴォルフィオリ・イン・ウミド)カリフラワーの煮込みは肉や魚、卵、チーズ料理に非常に合う付け合わせ(コントルノ)ですが、ベジタリアンやビーガンにも適しています。 シンプルではありますが、この非常においしい野菜を …

Contorno

シチリア風キャベツの煮込み

Cavolo cappuccio in umido alla siciliana(カーボロ・カプーチョ・イン・ウミド・アッラ・シチリアーナ)シチリア風キャベツの煮込みは、簡単に作れる付け合わせ(コントルノ)で、肉やチーズの二皿目(セコンド)に最適です …