玉ねぎとオリーブを添えたかぼちゃの炒め物

玉ねぎとオリーブを添えたかぼちゃの炒め物【ズッカ・イン・パデッラ・コン・チポーレ・エ・オリーヴェ】

Zucca in padella con cipolle e oliveズッカ・イン・パデッラ・コン・チポーレ・エ・オリーヴェ

かぼちゃの玉ねぎとオリーブの炒め物は、かぼちゃを使った少しリッチにした付け合わせ(コントルノ)です。

このおいしいサイドディッシュには、肉ベースの多くのセコンドを合わせることができます。

かぼちゃの風味と相性の良いオリーブをたっぷりと加え、バランスのとれた味わいに仕上げました。オニオン、ニンニク、ミントの葉が豊かで強烈な香りを与えます。

本来の推奨食材は、トロペアの赤玉ねぎ、タジャスカ・オリーブ、今回画像は葉玉ねぎを使用しています。

かぼちゃの付け合わせをお探しの場合、よりシンプルな炒め物もおすすめです。

かぼちゃの炒め物



玉ねぎとオリーブを添えたかぼちゃの炒め物材料4人分

バターナッツカボチャ1個(約1400g、代用:カボチャ)
(赤)たまねぎ 400g
オリーブ 70g
ミント適量(代用:イタリアンパセリ)
お湯 110g
塩・胡椒好み量
ニンニク 2欠片
オリーブオイル 大匙2

1人分:約354カロリー


玉ねぎとオリーブを添えたかぼちゃの炒め物調理工程(約25分)

STEP1 かぼちゃを洗い中の種子と糸状物を取り除き、小さすぎない立方体に切ります。 かぼちゃの分量は4人前で大一個がイメージです。

可食部は700g以上は確保できるはずです(バターナッツ)。

玉ねぎをスライスします。
STEP2 フライパンに少量のオリーブオイルとニンニクを入れて加熱します。玉ねぎを加え、下塩をして穏やかに混ぜながら玉ねぎからでてくる水分を再吸収させるイメージで約5分間煮ます。

次にかぼちゃの角切りを加え、強火で数分間煮て、ニンニクを取り出します。

塩・胡椒をしっかりきかせ、6〜7分間炒めてから熱湯を注ぎ蓋をしてさらに15分間煮込みを続けます。
玉ねぎとオリーブを添えたかぼちゃの炒め物【ズッカ・イン・パデッラ・コン・チポーレ・エ・オリーヴェ】の調理工程2
STEP3 煮込みが完了したら、よく水を切ったオリーブを加え全体に混ぜて仕上げです。

火を止め、ミントの葉を加えて皿に盛り付け、お好みで更にミントを散らして完成です。
玉ねぎとオリーブを添えたかぼちゃの炒め物【ズッカ・イン・パデッラ・コン・チポーレ・エ・オリーヴェ】の調理工程3

玉ねぎとオリーブを添えたかぼちゃの炒め物の調理ポイント

炒め、煮込みかぼちゃと玉ねぎの美味しさを十分に引き出して、オリーブとミントで風味を加えるとても豊かな味わいのコントルノです。

非常に簡単で美味しいですよ!


玉ねぎとオリーブを添えたかぼちゃの炒め物についてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る
記事内食材解説・補足
オリーブ[oliva]オリーブオイルの他、ピクルスやピザの材料としたり、塩漬けにしてカクテルのマティーニに添えられたりします。 グリーンオリーブは果肉が硬めで、若干の渋みや塩味があります。 一方、ブラックオリーブはしっかり ... [詳細解説へ]
読み方:オリーヴァ
かぼちゃ[zucca]読み方:ズッカ
ニンニク[aglio]読み方:アーリオ
分類:香味野菜
ミント[menta]和名はハッカ
読み方:メンタ
分類:香草
玉ねぎ[cipolla]読み方:チポーラ
分類:香味野菜
胡椒[pepe]読み方:ペペ
分類:香辛料

このページのURLをコピーする

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato