ブロッコリーのヴェルタータ

ブロッコリーのヴェルタータ【ヴェルタータ・ディ・ブロッコリ】

Vellutata di broccoliヴェルタータ・ディ・ブロッコリ

ブロッコリーのヴェルタータは、ベルベットのようになめらかに仕上げるクリーミーなスープです。日本人的にはポタージュのイメージだと思います。

シンプルで美味!ベジタリアン対応のファーストコース(プリモ)で、ジャガイモとネギを加えてブロッコリーの強い味を和らげ、さらにクリーミーに仕上げます。

ブロッコリーのヴェルタータは、軽くて栄養価の高い料理で寒い冬の時期に体を温めるのに最適な料理です。

スープが残った場合は、ブロッコリーのグラタンやパンを楽しむことができますよ!

尚、先述した「ポタージュ」ポタージュはフランス語でブイヨン(ブロード)を使用したスープ全般のことを指します。つまり、この「ブロッコリーのヴェルタータ」もポタージュに分類できます。


ブロッコリーのヴェルタータ材料4人分

ブロッコリー 450g
ネギ 1本
ジャガイモ 400g
バター 30g
野菜ブロード 700ml(作り方
タイム 2枝
塩適量
白胡椒 適量

飾り用
食パン(好み量)
オリーブオイル(好み量)

1人分:約293カロリー


ブロッコリーのヴェルタータ調理工程(約40分)

STEP1 まずネギの皮をむき、薄いスライスに切ります。

次にジャガイモの皮をむき、小さ目の立方体に切ります。ブロッコリーを洗い、茎を取り除き、小房に分けます。

茎の固い部分は薄いスライスにして溶けるようにしておきます。


鍋にバターを入れて溶かし、ネギを入れ、下塩をして炒めていきます。焦げないように弱火で10〜15分間じっくり炒めます。
ブロッコリーのヴェルタータ【ヴェルタータ・ディ・ブロッコリ】の調理工程1
STEP2 ジャガイモ、ブロッコリーを鍋に投下し、かき混ぜながら数分間焼き色をつけ、温かい野菜ブロードを加えます。

塩、胡椒を加えて弱火で約30分間、蓋をして煮続けます。

時折、鍋の様子を確認してブロードが足りなくなっていないかチェックし、もし足りないようなら足してください。
ブロッコリーのヴェルタータ【ヴェルタータ・ディ・ブロッコリ】の調理工程2
STEP3 指定の時間が経過し野菜が十分に柔らかく煮込まれたら、飾り用のブロッコリーを確保し、ブレンダーで野菜をピューレにします。

ピューレを再び火にかけながら塩でしっかりと味付けし、タイムの葉を数枚加えて全体になじませて味が整ったら仕上げです。

飾り用のパンを立方体に切り、焦げ付き防止のフライパンでトーストし、クルトンにします。

ヴェルタータ(スープ)を皿にもり、飾りのブロッコリーとクルトンを散らしたら完成です。
ブロッコリーのヴェルタータ【ヴェルタータ・ディ・ブロッコリ】の調理工程3

ブロッコリーのヴェルタータの調理ポイント

ポイントは二点、ネギを炒める際に下塩をして弱火でじっくり炒め、甘みを十分に引き出すこと。

仕上げの際の塩加減、しっかりと塩味を効かせて仕上げて下さい。

とても美味しい一皿になります。


ブロッコリーのヴェルタータについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る
記事内食材解説・補足
ジャガイモ[patata]読み方:パタータ
スープ[zuppa]いわゆるスープです。
読み方:ズッパ
タイム[timo]肉や魚、卵、野菜などなんにでも非常に合わせやすい。好みで加えるくらいの感覚で使ってもいいと個人的には思います。
読み方:ティモ
分類:香草
代用品:オレガノ
バター[burro]読み方:ブーロ
ブロード[brodo]イタリアの出汁のことです。 ブロードの作り方はこちらなのでご確認下さい! フランス語のブイヨンはブロードのことなので市販のものを使う事はOK(肉のブロード)ですが、コンソメは味付けがなされているのでタ ... [詳細解説へ]
読み方:ブロード
分類:出汁
ブロッコリー[broccoli]読み方:ブロッコリ
胡椒[pepe]読み方:ペペ
分類:香辛料
長ネギ[cipollotti]Porriも含みます。
読み方:チポロッティ
分類:葱
代用品:小葱|玉ねぎ

このページのURLをコピーする

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato