イタリアでは牛肉に使用する牛の呼び方が5種類あります。

まず、仔牛は、生後何か月が経過したかによって、ビッテロ、ビッテローネと呼び名が変わります。

成牛は、去勢前の牛であるボビーノ・アダルト、生後3年くらいまでの去勢された牛をマンゾ(ツォ)、それ以上の牛ブーと呼びます。

読み方・読み方:マンゾ

Secondo Piatto

ナポリ風ラグー

Ragù alla napoletana(ラグー・アッラ・ナポリターナ)古典的なボローニャ風ラグーの代わりに、ナポリ風のラグーを選択することでカンパニア州の味を楽しむことができます。 この素晴らしいラグーを使えば、ライスやパスタと合わせて最初のコース …

Secondo Piatto

肉と豆のスパイシーなラグー(チリコンカン)

Ragù piccante di carne e fagioli/Chili con carne(ラグー・ピカンテ・ディ・カルネ・エ・ファジョーリ/チリ・コン・カルネ)唐辛子をチリパウダー、豆をレッドとすれば、メキシコ国民食「CHILI CON CA …

Secondo Piatto

豆入り牛肉のウミド

Umido di manzo con fagioli(ウミド・ディ・マンゾ・コン・ファジョーリ)ウミドとは、湿る・煮るという意味で煮込みのことを指します。これまでスペッツァティーノやストゥファートをそれぞれいくつも紹介してきましたが、このウミドも煮込 …

Secondo Piatto

エンドウ豆のスペッツァティーノ

Spezzatino con piselli(スペッツァティーノ・コン・ピゼッリ)スペッツァティーノは、イタリア料理の最も特徴的なセコンドの1つです。 香味野菜等でベースを整えて主役となる食材を加えるだけで驚くほど美味しく仕上がるスペッツァティーノ、 …

Secondo Piatto

ひよこ豆のスペッツァティーノ

Spezzatino con ceci(スペッツァティーノ・コン・チェーチ)ひよこ豆のスペッツァティーノは、イタリア料理の古典的セコンドです。非常に美味しく、あらゆる家族の行事に調理される一皿だそうです。 食品の風味と肉汁を保つために、弱火で調理する …

Secondo Piatto

ストゥファート

Stufato(ストゥファート)シチューは古典的なセコンドのコースです。ストーブ上でコトコト煮るという意味の煮込み料理でイタリアにおける代表的な煮込み料理の一つです。 煮込み料理といえば、これまでに紹介してきたスペッツァティーノやラグーといったものが …

Secondo Piatto

ミルクロースト

Arrosto al latte(アロースト・アル・ラッテ)完成写真を取り損ねた為、微妙な写真です。イタリアにおいてローストは最も人気のあるセカンド(コース)の1つで、大人から子供まで好むのだそうです。 その中でもこのミルクローストは家族の日曜日の食 …

Secondo Piatto

インプルネータ風ペポーゾ/牛肉のワイン煮

Peposo dell'imprunetina(ペポーゾ・デリィンプルネータ)ペポーゾは、正式には「Il peposo dell’impruneta」と言われていますが、通常「Peposo」として呼称されています。 そしてPeposo(ペポーゾ)は胡 …

Primo Piatto

ジェノバ風のパスタ

Pasta alla genovese(パスタ・アラ・ジェノヴェーゼ)玉ねぎと肉のラグーソースが本物のジェノベーゼ(ジェノバ/ジェノヴァ風)です。 日本でとても人気のパスタ「ジェノベーゼ」は実は大間違いなパスタでして、本物のジェノヴェーゼは全くの別物 …

Secondo Piatto

ポルペッテのソース添え

Polpette al sugo(ポルペッテ・アル・スーゴ)ポルペッテ(Polpette)とは、イタリア語で「団子(だんご)」の意味です。今回は牛ひき肉とサルシッチャで作った肉団子、ミートボールのトマトソース添えです。 このポルペッテのソース添えは最 …