暗殺者風のスパゲッティ

 
暗殺者風のスパゲッティ【スパゲッティ・アッラッサシーナ】

Spaghetti all'assassinaスパゲッティ・アッラッサシーナ

プーリア州バーリの名物パスタで「焦がしたスパゲッティ」を意味する「スパゲッティ・ブルチャーティ」とか「おこげパスタ」とも言われるそうです。

発祥店とされる「Al Sorso Preferito」にてシェアされていたこのSpaghetti all’assassinaの誕生について触れる記事より以下情報を少しまとめました。

1967年オープン当初のシェフのエンツォ・フランカヴィッラ氏がとある夜、アラビアータを提供する際に火をかけすぎてしまい焦がしてしまったのですが、その品は二人の紳士に提供されました。食した紳士は感謝を述べた上で、その辛さから「殺人者」のようだと評したとのこと。

しかし、現在この話は皆に信じられている一説という位置づけ。

尚、初代シェフより次代(現オーナーシェフ)のピエリーノ・ロニグロ氏がレシピを引き継ついだのですが、「冗談のようにして生まれました」としてこの伝説の概略については肯定的だそうです。

ブームになった特殊な調理法のパスタな為、慎重に吟味した所、情報が錯そうし、疑問が残るものが多かったのでレシピとともに情報も整理しました。

現在はバーリの名物パスタのようにいわれていますが、2013年時点ではこのパスタを提供しているお店は4件しか存在せず、地元では知られた存在程度だったそうです。愛好家アカデミーが誕生したのがこの2013年。

2020年にアメリカのYouTubeチャンネル「Pasta Grammar」で紹介されたことから国外に広まり、日本においては2022年11月頃から話題の一品となりました。

さて今回、僕もリゾッタータ(俗に言われるワンパンですが、リゾット風に調理するちゃんとした調理法です)で楽そうだし作ってみようかなと考えていたこともありレシピを調べました。

かなり納得できないレシピが多く、たどっていった結果、地元の繁盛店の調理風景を確認することができ、最適なレシピがまとまりました。尚、このパスタ名「all’assassina」の部分、英語の「assassin」は暗殺者だけど、イタリア語の「assassina」は殺人者とか暗殺者の意味。

発祥のお話の流れ的にも、本当は「殺人者風のスパゲッティ」が正しい訳なのではないかなぁと思いつつ、とは言え言語的に素人なので浮かべるだけで、誰にも伝わらないのでタイトル(直訳)は暗殺者風のスパゲッティにしてます。

尚、調理に使うトマトソースは下記ポモドーロのページの調理法をご参照下さい。

トマトのスパゲッティ



暗殺者風のスパゲッティ材料2人分

スパゲッティ200g
トマトソース180g
ニンニク1欠片
唐辛子(中)2本
オリーブオイル大匙2
湯1.5L(大匙1の塩投下)

1人分:約529カロリー


暗殺者風のスパゲッティ調理工程(約30分)

STEP1 直径が28cm以上のフライパンを用意し、オリーブオイルを加熱し、ニンニクを軽くつぶしてエキスをオイルに移します。

次いで唐辛子の種を抜き(好み)砕いて投下、合わせてパスタも投下してパスタそのものをフライパンで焼いて焦がしていきます。

しっかりしっかりとても焼いて焦がしていきます。
暗殺者風のスパゲッティ【スパゲッティ・アッラッサシーナ】の調理工程1
STEP2 十分にパスタに焦げ目がついたら湯を投下します。

お玉3~4杯程度の湯(塩水です)とトマトソースを投下し、煮込んでいきます。

ここからは通常のリゾッタータ(リゾットのようにソースと少量の水やスープを加えて調理する方法)です。
暗殺者風のスパゲッティ【スパゲッティ・アッラッサシーナ】の調理工程2
STEP3 パスタがソース&湯に浸していることを確認しつつ、必要な湯を加えていき加熱していきます。ニンニクを取り出します。

パスタがまもなくベストになるであろうタイミングで塩味チェックです。
暗殺者風のスパゲッティ【スパゲッティ・アッラッサシーナ】の調理工程3
STEP4 ソースを全てパスタに閉じ込めた上でさらに我慢してパスタを焼いていきます。

程よく焦げ目ができ、スパゲッティがもたっとしていれば仕上げです。

お皿に盛り付けて完成です。

好みで香草を散らしたり、フレッシュチーズや生クリームを添えるというパターンもあるようですよ!
暗殺者風のスパゲッティ【スパゲッティ・アッラッサシーナ】の調理工程4

暗殺者風のスパゲッティの調理ポイント

当初、パスタを焼く、焦がすという調理法を異様に感じていましたが、歴史をたどり、発端を知ることで調理についての理解が進みました。

原型がアラビアータであるということからレシピ的にも正しいものとそうでないものの振り分けが進み、発祥店(レシピを引きついた人が現オーナー)の調理写真を拝見し、地元の繁盛店の調理風景等を確認できたため、調理工程もばっちりまとまりました。

パスタの表面を焦がすという流れからリゾッタータで調理が進むことでパスタがもったり(モチモチとはまたちょっと違う食感)になり、初めての感じです。

しかし、この食感と香ばしさはかなり日本人好みだと思います。

そして、かなり長い時間煮込むので、名前の由来でもある辛さが増しやすいです。その為、辛いのが苦手な人は唐辛子はかなり控えめにするといいと思います。


暗殺者風のスパゲッティについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "トマト"

トマトのサラダ

Insalata di pomodori(インサラタ・ディ・ポモドーロ)トマトサラダは夏に最もよく作られる料理の1つです。 トマトサラダの基本構成は、塩・胡椒、ニンニク、バジルORオレガノ又はその両方、オリーブオイルです。 その日の料理に合わせて玉ね …

ネギとトマトのトリコロール

Tricolore di cipolla verde e pomodoro(トリコローレ・ディ・チポーラ・ヴェルデ・エ・ポモドーロ)イタリア国旗を意味する三色を少ない食材数で表現しようと考えた際に食在庫の長ネギが目に留まり思いついた、僕のオリジナルレ …

ポマローラのパスタ/香味野菜入りトマトソースのパスタ

Pasta alla pomarola(パスタ・アッラ・ポマローラ)香味野菜入りのトマトソース、ポマローラを作ります。これもトスカーナの郷土料理で保存食としても親しまれているトマト系ソースです。 たくさんの野菜を使うことから、旨味たっぷりのソースなの …

フレッシュトマトのスパゲッティ

Spaghetti al pomodoro fresco(スパゲッティ・アル・ポモドーロ・フレスコ)イタリア料理の定番、バジル入りフレッシュトマトのパスタ。普段自慢のトマトソースを仕込んでおいて、ポモドーロを始め様々なパスタや料理に使用する僕ですが、 …

トマトのスープ

Zuppa di pomodoro(ズッパ・ディ・ポモドーロ)旬の食材をテーブルに並べることには常に利点があります。市場では最も安価で、最も素晴らしい色と香り、その味は本当に格別です。 トマトにおいては、冬春トマトと夏秋トマトにより一年中旬の美味しい …

チェリートマトの炒め物

Pomodorini in padella(ポモドリニ・イン・パデッラ)おいしいチェリートマトを鍋で作るレシピは簡単で手早くできます。 ニンニク、ローズマリー、オイルだけでほんの数分で、肉料理や魚料理、塩漬け肉やミックスチーズの味とシンプルさの添え物 …

タロイモとトマトのヴェルタータ(スープ)

Vellutata di taro e pomodoro(ヴェルタータ・ディ・タロ・エ・ポモドーロ)里芋や八ツ頭等、タロイモ類のレシピです。Vellutata(ヴェルタータ)とは「ビロードのような」「なめらかで柔らかい」という意味のイタリア語で、ポタ …

カニのスパゲッティ/フレッシュトマト仕上げ

Spaghetti al granchio[finitura al pomodoro](スパゲッティ・アル・グランキオ)カニのスパゲッティは、海鮮のプリモでより洗練された料理を楽しみたいときに、キッチンであまり時間を費やすことなく調理できるレシピです …

柿とトマトのサラダ

Insalata di cachi e pomodori(インサラタ・ディ・カキ・エ・ポモドーリ)柿とトマトを使ったボリューミーなサラダです。感覚で合わせたものが非常に美味しかったということでレシピ考案というほどではありませんが、記録しておきます。

トマトのクロスティーニ

Crostini al pomodoro(クロスティーニ・アル・ポモドーロ)トマトのクロスティーニは、簡単、手早できるレシピです。アペリティーボ(Aperitivo:食前酒)としてそのまま食するのがいいですが、刻んでサラダに加えてカリカリにしたり、冷 …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato