牛乳のリゾット

 
牛乳のリゾット【リーゾ・アル・ラッテ】

Riso al latteリーゾ・アル・ラッテ

通常、リゾットはブロード(出汁)を加えながら調理するのですが、日本のリゾットレシピにはなぜか牛乳を加えるというものが非常に多く、むしろ牛乳で作るリゾットを知らなかった僕は調べてみてでてきたのがこの牛乳のリゾット、リーゾ・アル・ラッテです。

本国では子供の体調が悪いとき(おかゆ的な感じかな?)や、少しお腹が空いていたときにさっと作って食べさせることが多い一皿のようです。

特筆すべきは他のリゾットとは調理法がまるで異なる事、そしてびっくりするほどこれが美味しい事です!

尚、ドルチェの(甘い)牛乳のリゾットは下記のレシピです。

甘いミルクライス



牛乳のリゾット材料2人分

米160g
牛乳1L
バター20g
パルミジャーノ20g
塩適量

1人分:約694カロリー


牛乳のリゾット調理工程(約20分)

STEP1 牛乳の量は使うお米によって吸収されてアルデンテ(ちょうどよい感じ)になる量がことなります。その為、2人前だと700ml程度を沸かし、状況に応じて追加するという流れがよいと思います。

また調理分量では1Lとしていますが、使うお米によって牛乳の吸収量は異なりますので、700ml以降の牛乳の加え方は米の状態を確認しながら適量としてお捉え下さい。
STEP2 軽く塩を加えた牛乳を、できれば焦げ付き防止鍋で加熱します。全乳を使用することが望ましいです。

700mlは全て使用することになると思いますが、通常一皿においてちょうどよい塩加減は2g程度だと思います。

追加する前提で考えても2人前では4g以下くらいの塩量が望ましいのではないかなと思いますよ。
STEP3 牛乳が沸騰したら、米を加え、再び沸騰し始めるまでかき混ぜます。

柔らかくクリーミーなアルデンテになるまで、弱火で時々かき混ぜながら調理を続けます。

必要に応じて、少量の温めた牛乳を加えます。
STEP4 米がアルデンテになったら火を止め、バターとパルミジャーノを加え、5分間程休ませてからしっかり全体をかき混ぜて、仕上げです。

皿に盛り付けて完成!
牛乳のリゾット【リーゾ・アル・ラッテ】の調理工程4

牛乳のリゾットの調理ポイント

リゾットは加熱して米を煮込み炊いていくため、塩加減が読みずらい為、この牛乳のリゾットの調理法から注意すべき点は牛乳に最初加える塩量だと思います。

濃厚なミルク加減とチーズ加減が相まって驚くほど美味しい、贅沢感を感じる一皿ですよ!


牛乳のリゾットについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る

このページのURLをコピーする

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato