オリーブのパスタ

オリーブのパスタ【パスタ・アッレ・オリーヴ】

Pasta alle oliveパスタ・アッレ・オリーヴ

オリーブのパスタは、準備がとても簡単で、手早くておいしいプリモです。

家にほとんどまたは何もない場合でも、おいしいパスタ料理を作ることができます。

冷蔵庫に何もない時の定番といえば娼婦風(プッタネスカ)ですが、ちょうど本日はオリーブの日でしたので完全にオリーヴ主役のこの品にしてみました。

プッタネスカとこのオリーブのパスタはアンチョビとケッパーを使用する類似性があります。

オリーヴ、ケッパー、アンチョビの三種は鉄板美味しい組み合わせです。

オリーブをブレンダーにかける品で美味しい、パテをクロスティーニに乗せて前菜にオリーブつくしとしました。

オリーブのパテ



オリーブのパスタ材料4人分

パスタ360g​
オリーブ(混合)100g
アーモンド100g​(代用:ナッツ類)
アンチョビ2尾(オイル漬け)
塩漬けケッパー大匙1
パルミジャーノ・レッジャーノ(DOP) 40g(代用:パルメザン)
オリーブオイル100ml
イタリアンパセリ適量
塩適量

1人分:約703カロリー


オリーブのパスタ調理工程(約15分)

STEP1 1%の塩を入れた湯を沸かし、沸騰したらソースを作りながらパスタを茹でます。

表記時間ちょうど、アルデンテでゆで上げる予定です。

アーモンドとオリーブを、レシピに記載されている油の半分と一緒にブレンダーグラスに入れ数秒間ブレンドします。

次にパルミジャーノ、塩ひとつまみ、ケッパーとアンチョビ、残りのオリーブオイルを加え、数分間ブレンドして均一なペスト(クリーム)を作ります。
オリーブのパスタ【パスタ・アッレ・オリーヴ】の調理工程1
STEP2 オリーブとアーモンドのペストをフライパンに入れて、お玉一杯の茹で汁を加えて、なじませたらベースソースの完成です。

火を落としてパスタが茹で上がるのをまちます。
オリーブのパスタ【パスタ・アッレ・オリーヴ】の調理工程2
STEP3 パスタが茹で上がったら湯を切り、フライパンに加えてベースソースをパスタに閉じ込めたら仕上げです。

もし、ペストが固まってしまってパスタに取り込みにくい場合は少量のゆで汁を加えてソースをなじませて下さい。

皿に盛り付けてイタリアンパセリを散らして完成です。
オリーブのパスタ【パスタ・アッレ・オリーヴ】の調理工程3

オリーブのパスタの調理ポイント

具材をブレンダーを使って混ぜ合わせてペストを作り、そのペストでパスタを作るという流れです。

ペストはチーズが入っているので、リゾッターレはせず、なじませるだけです。

とても美味しい一皿になりますよ!


オリーブのパスタについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る
記事内食材解説・補足
アーモンド[mandorla]読み方:マンドラッ
アンチョビ[acciughe]カタクチイワシの塩漬けを熟成・発酵させ、オリーブオイルに漬けたものです。
読み方:アッチュウゲ
代用品:オイルサーディン|いかの塩辛
イタリアンパセリ[prezzemolo]香味野菜として使います。すり潰した葉や細かく刻んだ葉を料理のソースやドレッシングなどに利用したり、茎や葉を煮込み入れたり、そのままちぎってパスタなどの料理に添えられたりします。肉や魚の臭い消し、ビネガ ... [詳細解説へ]
読み方:プレッツェモロ
分類:香草
代用品:バジル|三つ葉|セロリの葉
オリーブ[oliva]オリーブオイルの他、ピクルスやピザの材料としたり、塩漬けにしてカクテルのマティーニに添えられたりします。 グリーンオリーブは果肉が硬めで、若干の渋みや塩味があります。 一方、ブラックオリーブはしっかり ... [詳細解説へ]
読み方:オリーヴァ
ケッパー[capperi]ケイパー、ケーパー、カープル(仏: câpre)とも呼びます。酢漬けと塩漬けがありますが、僕は調理では塩漬けをよく使います。しかし、塩漬けケッパーはあまりストアでは売っていないので見つけた時にまとめて ... [詳細解説へ]
読み方:カッペリ
分類:香辛料
パルミジャーノ[parmigiano]パルミジャーノ・レッジャーノ(parmigiano reggiano)はイタリアを代表する牛乳のチーズ。名称は地名(パルマとレッジョ)に由来します。 DOPの認定を受けたものだけが刻印を押されて「パル ... [詳細解説へ]
読み方:パルミジャーノ
分類:チーズ
代用品:パルメザンチーズ|グラナ・パダーノ

このページのURLをコピーする

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato