ビーツのニョッキの仕込み方

 
ビーツのニョッキの仕込み方【ニョッキ・ディ・バルバビエトラ】

Gnocchi di barbabietolaニョッキ・ディ・バルバビエトラ

ビーツは優れた天然着色料でほんのりと甘く僕はとても好きな味です。新鮮なビーツのパスタ、そしてビーツのリゾットを試したら、ニョッキを試さずにはいられません!

赤カブとも呼ばれるビーツは、主に水、繊維、天然の糖で構成され、ビタミンやミネラル塩が豊富です。果肉がしっかりしていてとても甘いので、キッチンでも非常に多用途に使えます。

ジャガイモのニョッキにビーツを加えて着色するというイメージの調理方ですが、しっかりとビーツの風味が感じられ、ニョッキそのものが大変美味しく仕上がります。

食し方としては、せっかくなのでシンプルなバターとセージのニョッキでまずは食したいかなと思います。


ビーツのニョッキの仕込み方材料8人分

ビーツのニョッキ用
ジャガイモ1Kg
赤ビーツ150g(調理済み)
小麦粉350g
卵1個(代用:小麦粉50g)
パルミジャーノ適量(オプション)
塩一つまみ

1人分:約239カロリー


ビーツのニョッキの仕込み方調理工程(約40分)

STEP1 ジャガイモを大きな鍋に入れ、たっぷりの冷水を注ぎます。冷水の状態からジャガイモを入れて沸かしていくことがポイントです。

水が沸騰した瞬間から、大きさに応じて約30〜40分かかります。

時間になったらフォークテストを行います。

スパゲッティをジャガイモにさして中心部までスッとささればOKです。ゆで上げ完了です。
ビーツのニョッキの仕込み方【ニョッキ・ディ・バルバビエトラ】の調理工程1
STEP2 ジャガイモが熱いうちに、ポテトマッシャー(握るタイプ)があるとジャガイモの皮をむく手間が省けます。

が僕は持っていないので、軍手をした上にビニール手袋をして熱いうちにジャガイモの皮をむき、ジャガイモをクラッシュします。

ジャガイモをクラッシュしたら完全にジャガイモを冷ますため、放置します(約1時間)。
ビーツのニョッキの仕込み方【ニョッキ・ディ・バルバビエトラ】の調理工程2
STEP3 ビーツの下処理です。鍋に赤ビーツ(皮付きのまま)、水、レモン(又は酢)を入れて中火で熱し、煮立ったら弱火にして30分程ゆで、水につけたまま粗熱をとり、水気を切ります。

軍手をしたうえでビニール手袋をして包丁で上下を切り落としてから皮をむき、適当な大きさに切り、ブレンダーに入れて攪拌し、ピューレにします。
ビーツのニョッキの仕込み方【ニョッキ・ディ・バルバビエトラ】の調理工程3
STEP4 ジャガイモの熱がとれたら作業再開です。ブレンドしたビーツをジャガイモに加え、ジャガイモとビーツが均等になるように混ぜます

卵を入れたい場合は、ここで軽く溶き卵を加えます。小麦粉と塩をひとつまみ加えます。

好みでパルミジャーノを少量加え手で混ぜ合わせ、柔らかい生地になるまで練ります。練りすぎると調理中にニョッキが硬くなってしまうので、やりすぎ注意です。程よく優しく捏ねてください。

生地の一部をカットして直径1cm超ほどの円柱型に伸ばしたら、かるく小麦粉をまぶしてなじませてから1.5cm間隔ほどにかっとして一口大のサイズに切り分けていきます。

この後、僕は即座に茹でます

僕はめったにやりませんが、ニョッキに溝を作りたい人はこのタイミングで行います。やり方としては、人差し指大に小さくした生地を指先で丸めます。

尚、これを行う場合、小麦粉をまぶしながら作業するので、分量外小麦粉を確保しておいてください。

また、溝を作っている間、生地の乾燥を防ぐために布巾などをかぶせておきます。小さく丸めた生地を親指で軽い圧力を加えて、ドラッグ…滑らせるようにして、溝の形状を加えます。
STEP5 生地を茹でていきます。1%の塩を加えた湯を多めに沸かし、ニョッキを投下します。

ニョッキが浮いてきたら穴あきレードルなどですくいとって下さい。

ニョッキが冷めるまで、くっつかないようにオリーブオイルを軽くしいているトレーの上で冷まして完成です。
ビーツのニョッキの仕込み方【ニョッキ・ディ・バルバビエトラ】の調理工程5

ビーツのニョッキの仕込み方の調理ポイント

ほとんどの工程がジャガイモのニョッキと同じで、ピューレ状にしたビーツを加えるだけの違いです。

しかし、出来上がりは驚くほど鮮明に赤くなりそしてしっかりとしたビーツの旨味と甘みも感じることができます。

非常に美味しいですよ!


ビーツのニョッキの仕込み方についてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "ビーツ"

ビーツの豆添え

Barbabietola con fagioli(バルバビエトラ・コン・ファジョーリ)フダンソウ/スイスチャードの豆添え[Bietole con fagioli]として同様の調理が可能です。 ビーツの豆添えは、昨今ではあまり使われなくなったと言われる …

赤ビーツのパスタ

Pasta con barbabietole rosse(パスタ・コン・バルバビエトレ・ロッセ)ビーツを使った調理は栄養が素晴らしいだけでなく扱いやすく、美しい仕上がりに日常でも特別な夜にも出せる非常に優れた一皿になります。 赤ビーツは鮮やかな色、美 …

ビーツのリゾット

Risotto alla barbabietola(リゾット・アッラ・バルバビエトラ)カラフルで素晴らしく美味しいビーツのリゾットは、特別な日に提供するのに十分なだけでなく、夕食の準備を短時間済ませたい場合にも最適な非常に簡単で活用しやすい一皿です。 …

サツマイモのニョッキの仕込み方

Gnocchi di patate dolci(ニョッキ・ディ・パターテ・ドルチ)薩摩芋は原産地がアメリカ大陸なので、世界的にはアメリカ芋として知られているのだそうです。 サツマイモをはじめとした芋類はニョッキにすると非常に美味しく、これまで様々なニ …

きのこのニョッキ

Gnocchi ai funghi(ニョッキ・アイ・フンギ)Gキノコのニョッキは、手早く簡単に作れておいしい最初のコース(プリモ)で、料理する時間がほとんどないときに最適です。 新鮮なキノコの風味を最大限に引き出すレシピでキノコ愛好家を魅了する料理の …

ミックス野菜のオーブン焼き

Verdure miste al forno(ヴェルドゥーレ・ミステ・アル・フォルノ)ミックス野菜のオーブン焼きは、肉や魚のセコンドにぴったりの、手早く簡単な付け合わせ(コントルニ)です。 イタリアンは通常食材そのものを立てる調理なので、多くの食材を …

玉ねぎラグーのニョッキ

Gnocchi al ragù di cipolla(ニョッキ・アル・ラグー・ディ・チポーラ)玉ねぎラグーのニョッキは、本当に美味しくておいしいプリモで、健康的な食事を好む方に喜ばれるレシピです。 現在では典型的な地中海料理ですが、かなり独創的なレシ …

バターとサルビア(セージ)のニョッキ

Gnocchi burro e salvia(ニョッキ・ブーロ・エ・サルヴィア)ビーツのニョッキで調理しています。日本においてはサルビアは花、セージは香草としてそれぞれ知られており、サルビア=セージであることを知らない方が結構いらっしゃいます。 セー …

固形野菜ブロード

Fonte di brodo vegetale(フォンテ・ディ・ブロード・ヴェジェターレ)土壇場で野菜ブロードを準備しなければならなくなり、市販の固形ブイヨンに頼ったことがあるかもしれません。 市販の肉のブイヨン(=肉のブロード)は実際に仕込むことを …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato