ソレント風ニョッキ

ソレント風ニョッキ【ニョッキ・アッラ・ソレンティーナ】

Gnocchi alla sorrentinaニョッキ・アッラ・ソレンティーナ

イタリア国内外で最も有名なカンパニア地方の料理の1つは、このトマトとモッツァレラのソレント風ニョッキです。

トマトにバジルとニンニクの風味を加えたソースのおいしさは既に皆が知るところですが、このソースをふんだんに使い、ニョッキのオーブン焼きにするこのレシピは、調理完成と共に拍手が沸き上がる皆が大好きな一品です。

ジャガイモのニョッキが古典的なレシピですが、サツマイモのニョッキでも非常に美味しく仕上がります。

調理時間は70分としてニョッキとソース全てを一から作った場合の時間を記していますが、仮にトマトソースとニョッキを事前に用意してある場合(これはよくある保管対象食材の為、あり得ます)、調理時間は15分あればよいでしょう。


ソレント風ニョッキ材料4人分

ニョッキ800g(作り方
トマトピューレ 600g(作り方
バジルの葉6枚
ニンニク 1欠片
オリーブオイル適量
塩適量
モッツァレラチーズ 250g
パルミジャーノ・レッジャーノ DOP 70 g

1人分:約784カロリー


ソレント風ニョッキ調理工程(約70分)

STEP1 まず、ジャガイモのニョッキを作ります。食材一覧ニョッキの作り方リンク先をみて用意ください。

市販のニョッキを使用する場合、乾燥ニョッキは概ね80g前後が一人前の分量(概ね生ニョッキ200gに相当)になります。

ソースを作っていきます。鍋にオリーブオイルを少量注ぎ、軽くつぶしたニンニクのクローブの風味を移します(画像の大蒜はつぶした際に割れてしまい2欠片に見えます)。
ソレント風ニョッキ【ニョッキ・アッラ・ソレンティーナ】の調理工程1
STEP2 トマトピューレ(作り方は食材一覧より確認下さい)を加えて、塩、胡椒を加えます。

味の調整ができたらバジルの葉を加えて蓋をして、中弱火で約30分間煮込みます。
ソレント風ニョッキ【ニョッキ・アッラ・ソレンティーナ】の調理工程2
STEP3 その間に1%の塩を加えた湯を沸かし、ニョッキを茹でる準備をします。ソースの煮込みが完了するタイミングに合わせてニョッキを茹でます。

ソースが煮込み終わったらニンニクを取り出し、火を落としてニョッキが茹で上がるのをまちます。ニョッキは水面に浮かび上がってきたら茹で上がりの合図です。

火をかけずにそのままニョッキをソースに混ぜ合わせます。(ボウルにソースを移動してそちらでニョッキと和えるのが正式な方法です)
ソレント風ニョッキ【ニョッキ・アッラ・ソレンティーナ】の調理工程3
STEP4 グラタン皿の底にまずソースを注ぎ、オリーブオイルを少しだけ加えます。

ニョッキの一層目加え、賽の目か細切りにしたモッツァレラ、パルミジャーノで層を作り、もう一度ニョッキとチーズの層を作り盛り付けます。
ソレント風ニョッキ【ニョッキ・アッラ・ソレンティーナ】の調理工程4
STEP5 250℃に温めたオーブンのグリルモードで5分間焼きあげたら仕上げです。

残りのバジルの葉を飾り完成です!
ソレント風ニョッキ【ニョッキ・アッラ・ソレンティーナ】の調理工程5

ソレント風ニョッキの調理ポイント

ニョッキとソースをそれぞれ合わせてオーブンで焼くだけで完成します。

それぞれ少々手間がかかるものではありますが、ニョッキは作り置きがあれば問題はなく、ソースも煮込み時間がややかかるものの手間そのものはかかりません。

調理全体としては非常に簡単で美味しい品が出来上がりますよ!


ソレント風ニョッキについてマスターの言及

言及1

記事内食材解説・補足
DOP[dop]イタリアのD.O.P.(⼜はDPO表記、Denominazione di Origine Protetta)はEU法に準拠したイタリア国内の原産地名称保護制度です。 EU圏では「原産地呼称保護」(PD ... [詳細解説へ]
読み方:ディー・オー・ピー
分類:保護
トマト[pomodoro]イタリア料理で非常によく使われる食材。大航海時代後にイタリアにも持ち込まれたが当初は観賞用。18世紀初頭より料理に使われるようになった比較的新しい食材です。 トマト、チェリートマト(ミニトマト)として ... [詳細解説へ]
読み方:ポモドーロ
ニョッキ[gnocchi]元々は現在のようにジャガイモやカボチャで作るものではなく、小麦粉を練って作っていたそうです。 ジャガイモを利用したものが主流ですがかぼちゃやホウレンソウとリコッタチーズを使ったものなど多数のバリエーシ ... [詳細解説へ]
読み方:ニョッキ
分類:パスタ
バジル[basilico]読み方:バジリコ
分類:香草
パルミジャーノ[parmigiano]パルミジャーノ・レッジャーノ(parmigiano reggiano)はイタリアを代表する牛乳のチーズ。名称は地名(パルマとレッジョ)に由来します。 DOPの認定を受けたものだけが刻印を押されて「パル ... [詳細解説へ]
読み方:パルミジャーノ
分類:チーズ
代用品:パルメザンチーズ|グラナ・パダーノ
モッツァレラ[mozzarella]モッツァレラという名前は、モッツァレに由来しています。モッツァレとは、必要な形式に応じて、熟練のチーズ製造者が、伸ばしたカードチーズです。 これは、プロヴォローネやカチョカヴァッロなどの他のチーズと共 ... [詳細解説へ]
読み方:モッツァレーラ
分類:チーズ
代用品:カマンベール|ブッラータ|フィオルディラッテ

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "トマト"

豆・トマト・玉ねぎのサラダ

Insalata di fagioli,pomodori e cipolle(インサラタ・ディ・ファジョーリ,ポモドーリ・エ・チポーレ)豆・トマト・玉ねぎのサラダは、調理せずにすぐに準備できる料理です。 一品料理としても、軽い料理の付け合わせ(コント …

玉ねぎとトマトの豆添え

Fagioli con cipolla e pomodoro(ファジョーリ・コン・チポーラ・エ・ポモドーロ)玉ねぎとトマトの入った豆は、下処理済みの豆や缶詰等の保管があるとさっと簡単に作れて非常に美味しい付け合わせ(コントルノ)料理です。 美味しくて …

トマト入り卵

Uova al pomodoro(ウォヴァ・アル・ポモドーロ)卵のトマトだけで、美味しいメイン料理(セコンド)が作れ、誰もが大好きな皿です。 各家庭には独自のバージョンがあり、僕はフレッシュトマトを使用することを好みますが、トマトピューレ、玉ねぎ、パ …

トマトのサラダ

Insalata di pomodori(インサラタ・ディ・ポモドーロ)トマトサラダは夏に最もよく作られる料理の1つです。 トマトサラダの基本構成は、塩・胡椒、ニンニク、バジルORオレガノ又はその両方、オリーブオイルです。 その日の料理に合わせて玉ね …

ネギとトマトのトリコロール

Tricolore di cipolla verde e pomodoro(トリコローレ・ディ・チポーラ・ヴェルデ・エ・ポモドーロ)イタリア国旗を意味する三色を少ない食材数で表現しようと考えた際に食在庫の長ネギが目に留まり思いついた、僕のオリジナルレ …

ポマローラのパスタ/香味野菜入りトマトソースのパスタ

Pasta alla pomarola(パスタ・アッラ・ポマローラ)香味野菜入りのトマトソース、ポマローラを作ります。これもトスカーナの郷土料理で保存食としても親しまれているトマト系ソースです。 たくさんの野菜を使うことから、旨味たっぷりのソースなの …

フレッシュトマトのスパゲッティ

Spaghetti al pomodoro fresco(スパゲッティ・アル・ポモドーロ・フレスコ)イタリア料理の定番、バジル入りフレッシュトマトのパスタ。普段自慢のトマトソースを仕込んでおいて、ポモドーロを始め様々なパスタや料理に使用する僕ですが、 …

トマトのスープ

Zuppa di pomodoro(ズッパ・ディ・ポモドーロ)旬の食材をテーブルに並べることには常に利点があります。市場では最も安価で、最も素晴らしい色と香り、その味は本当に格別です。 トマトにおいては、冬春トマトと夏秋トマトにより一年中旬の美味しい …

チェリートマトの炒め物

Pomodorini in padella(ポモドリニ・イン・パデッラ)おいしいチェリートマトを鍋で作るレシピは簡単で手早くできます。 ニンニク、ローズマリー、オイルだけでほんの数分で、肉料理や魚料理、塩漬け肉やミックスチーズの味とシンプルさの添え物 …

タロイモとトマトのヴェルタータ(スープ)

Vellutata di taro e pomodoro(ヴェルタータ・ディ・タロ・エ・ポモドーロ)里芋や八ツ頭等、タロイモ類のレシピです。Vellutata(ヴェルタータ)とは「ビロードのような」「なめらかで柔らかい」という意味のイタリア語で、ポタ …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato