きのこのニョッキ

きのこのニョッキ【ニョッキ・アイ・フンギ】

Gnocchi ai funghiニョッキ・アイ・フンギ

Gキノコのニョッキは、手早く簡単に作れておいしい最初のコース(プリモ)で、料理する時間がほとんどないときに最適です。

新鮮なキノコの風味を最大限に引き出すレシピでキノコ愛好家を魅了する料理の1つです。

シャンピニオン(マッシュルーム)を使用して調理することが多いレシピですが、日本ではよいお値段しますので、代用キノコ(混合)にて調理するケースが多いと思います。

今回の工程写真ではしめじ・なめこ・エリンギの3種混合キノコとビーツのニョッキにて調理しています。


きのこのニョッキ材料4人分

ニョッキ 800g
キノコ類800g
イタリアンパセリ20g(4束)
ニンニク1欠片
グラナパダーノ24g(代用:パルメザン)
オリーブオイル大匙2
塩適量

1人分:約285カロリー


きのこのニョッキ調理工程(約30分)

STEP1 使用するキノコ類をきれいにし、カットします。

キノコから土っぽい部分を取り除き、適切なキノコブラシで掃除し、スライス又は食べやすいサイズにカットしていきます。
きのこのニョッキ【ニョッキ・アイ・フンギ】の調理工程1
STEP2 テフロン加工されたフライパンで、オリーブオイルを少量入れてみじん切りのニンニクを炒め、数分後、ニンニクの風味が十分にオイルに移します。

次にキノコ、みじん切りにしたイタリアンパセリ(茎部分)を加えて混ぜ、キノコが柔らかくなるまで炒め続けます。

キノコを炒めている間に1%の塩を入れた湯を沸かし、ニョッキを茹でる準備をしておきます。
きのこのニョッキ【ニョッキ・アイ・フンギ】の調理工程2
STEP3 キノコが十分に炒められtらニョッキを茹でていきます。

ニョッキは鍋にいれて水面に浮いてきたらすぐに湯をよく切ってキノコの入ったニョッキに加えます。

全てのニョッキを投下したら、キノコを混ぜ合わせたら火を止めて、塩味をチェックし、グラナパダーノを混ぜ合わせて仕上げです。

皿に盛り付けてイタリアンパセリを散らし、お好みでグラナパダーノを更にたっぷり振りかけて完成です。
きのこのニョッキ【ニョッキ・アイ・フンギ】の調理工程3

きのこのニョッキの調理ポイント

キノコをしっかり炒めてニョッキを合わせるだけの簡単調理です。

ただそれだけで非常に食べ応えのある美味しい一皿になりますよ!


きのこのニョッキについてマスターの言及

投稿者: @cafe_e_immobiliare
Threadsで見る
記事内食材解説・補足
イタリアンパセリ[prezzemolo]香味野菜として使います。すり潰した葉や細かく刻んだ葉を料理のソースやドレッシングなどに利用したり、茎や葉を煮込み入れたり、そのままちぎってパスタなどの料理に添えられたりします。肉や魚の臭い消し、ビネガ ... [詳細解説へ]
読み方:プレッツェモロ
分類:香草
代用品:バジル|三つ葉|セロリの葉
エリンギ[eringi]読み方:エリンジ
分類:茸
グラナ[grana]イタリアは北部、ポー川流域で牛乳を原料とし生産されるハードチーズ。グラナ・パダーノが有名です。 熟成期間は最低9カ月最長2年でパルミジャーノ・レッジャーノに比べて熟成期間が短い分、価格が安価と言われて ... [詳細解説へ]
読み方:グラナ
分類:チーズ
代用品:パルミジャーノ
シメジ[funghi shimeji]読み方:フンギ・シメージ
分類:茸
ナメコ[fungo nameko]読み方:フンゴ・ナメコ
分類:茸
ニョッキ[gnocchi]元々は現在のようにジャガイモやカボチャで作るものではなく、小麦粉を練って作っていたそうです。 ジャガイモを利用したものが主流ですがかぼちゃやホウレンソウとリコッタチーズを使ったものなど多数のバリエーシ ... [詳細解説へ]
読み方:ニョッキ
分類:パスタ
ニンニク[aglio]読み方:アーリオ
分類:香味野菜
マッシュルーム[fungo]複数形/fungi(フンギ)
読み方:フンゴ
分類:茸
代用品:椎茸|エリンギ|シメジ

このページのURLをコピーする

Ricetta relativa a "きのこ"

キノコのラグー

Ragù di funghi(ラグー・ディ・フンギ)濃厚でおいしいソースは、タリアテッレ、焼きパスタ、クロスティーニ、ポレンタなどの味付け(ソース)にも使用できる非常に便利な品です。 きのこのラグーは、古典的なミートソース(ボローニャ風ラグー)に代わ …

クリームとキノコのパスタ

Pasta panna e funghi(パスタ・パンナ・エ・フンギ)クリームときのこのパスタは、クリーミーですぐに準備できる最初のコース(プリモ)で、時間がないときに最適です。 キノコのパスタと言えば、ほんのりトマトを加える森の番人風(ボスカイオー …

きのこと玉ねぎの炒め物

Funghi e cipolle in padella(フンギ・エ・チポッレ・イン・パデッラ)キノコと玉ねぎの炒め物は、簡単でおいしい付け合わせ(コントルノ)です。 キノコの強烈な香りとカラメル状の玉ねぎの美味しさが、最も要求の厳しいグルメの味覚にと …

キャベツときのこの炒め物

Spadellata cavolo cappuccio e funghi(スパデラタ・カヴォロ・カプーチョ・エ・フンギ)キャベツ(cavolo cappuccio)ときのこの組み合わせは、あまりイタリアでは組み合わせないようでレシピをほとんど見かけま …

きのことジャガイモのひよこ豆スープ

Zuppa di ceci con funghi e patate(ズッパ・ディ・チェーチ・コン・フンギ・エ・パターテ)キノコとジャガイモのひよこ豆スープは、一日仕事を終えて、寒さが本格的に感じられるときにとても美味しく感じる一皿です。美味しいワイン …

きのこのソテー

Funghi trifolati(フンギ・トリフォラーティ)キノコは夏の終わりから秋の主役です。現在の日本においてはキノコは年間を通してスーパーで購入できます。 しかし、日本の家庭料理においては様々な食材を混合する調理法が主流な為、各キノコがかなり小 …

キノコと蓮根の炒め物

Funghi e radici di loto saltati in padella(フンギ・エ・ラディーチ・ディ・ロート・サルターティ・イン・パデッラ)マッシュルームと蓮根で調理しましたが、以前、蓮根のパスタのレシピを紹介した際に触れましたが、日本 …

タロイモニョッキのゴルゴンゾーラ添え

Gnocchi di taro al gorgonzola(ニョッキ・ディ・タロ・アル・ゴルゴンゾーラ)今回は八ツ頭を使ったニョッキを作くりました。 八つ頭や里芋は、タロイモ類なので、同じレシピで調理が行えます。 木曜日はニョッキの日。元々の由来はキ …

クリームとソーセージのパスタ

Pasta panna e salsiccia(パスタ・パンナ・エ・サルシッチャ)サルシッチャ(腸詰め)日本のイメージに一致させると、ソーセージとクリームのパスタです。 ソーセージと記載していますが、本来ソーセージは、腸詰の事で、サルシッチャ=ソーセ …

アリオーネのピチ

Pici all'aglione(ピチ・アッラーリオーネ)アリオーネ入りピチか、大きなニンニクのピチパスタと表記すべきか考えましたが、アリオーネという大きなニンニクの品種をしっかり明記したいと考えたため、「アリーネのピチ」とタイトルにしました。 WE …

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato