米の炊き方(バリエーション)

 
米の炊き方(バリエーション)【コメ・コアチェリ・リ・リーゾ】

Come cuocere il risoコメ・コアチェリ・リ・リーゾ

世界には日本とは異なる米の炊き方がいくつもありますが、どの程度知っていますか?

米は、世界で最も消費されている穀物の1 つであり、古代から食べられているものです。グルテンは欧州人でないとあまり気にする必要性はないと文献ではよく見るのですが、実際のところどうなのでしょう。

我々日本人はあまり気にする必要はないのかもしれませんが、グルテンフリーを意識する方にとっては貴重な穀物として捉えられるそうです。

でんぷんが豊富な品種はリゾットに適していますが、少ない品種はサラダに最適です。我々日本人を含む、アジアでは料理の付け合わせとして食します。

日本人の米へのこだわりは世界でも比類ないでしょうが、他国で使われる炊き方に関しては無知と言えるかもしれません。

この記事では、これらをまとめたいと思います。尚、米100gのカロリー、調理時間は日本の炊き方での時間としています。


米の炊き方(バリエーション)材料1人分

日本式調理
米100g
水134ml

茹でる調理
米100g
オリーブオイル適量
塩適量

蒸す調理
米100 g
オリーブ オイル適量

ピラフ調理
米100 g
バター35g
水 270ml
塩適量

バターとパルミジャーノ調理
米100g
バター15g
パルミジャーノ15g
塩適量

1人分:約343カロリー


米の炊き方(バリエーション)調理工程(約50分)

STEP1 日本式調理
米を3~4回水で洗い、米に必要量の水を投下して炊きます。炊き上がりの時間は30~炊飯器で50分ほどです。

通常日本では1合、一升単位で調理するため、米は1合:容積180ml(150g)に水200mlの単位で炊きます。
STEP2 茹でる調理
まず鍋に水を入れて火にかけます。沸騰したら塩を加えてご飯を投入。 20分ほど煮たら水気を切ります。

ご飯を炊き、皿に盛りオリーブオイルを少し垂らして味を調えたら完成です。
STEP3 蒸す調理
鍋に水を入れて火にかけ、沸騰させます。

その間にお米を研ぎ、そしてそれを排水します。

蒸し器の上にベーキングペーパーを敷いてお米を移し表面全体に広げます。

蓋をして20分ほど蒸します。蒸しあがったら皿に盛り、オリーブオイルを少しかけて味付けして完成です。
STEP4 ピラフ調理
鍋に水を入れて加熱します。米を水で洗い、水を切ります。

その間に玉ねぎみじん切りにします。次に、鍋にバターを入れて焦げないように弱火で溶かします。

玉ねぎを加え、かき混ぜながら数分間煮込みます。

米を投下して軽く攪拌し、お湯を注ぎすぐに蓋をして、混ぜずに10分ほど煮ます。

炊き上がったらお好みで塩を加えて完成です。
STEP5 バターとパルミジャーノ調理
沸騰した塩水で米を茹でます。20分ほど経ったら水を切ります。

その間にバターを鍋に入れて溶かしておきます。溶けたら、水を切ったご飯と一緒に鍋に注ぎます。

バターが吸収されるまで、弱火で数分間煮ます。この時点で、すりおろしたパルミジャーノを少しだけ加えます。

全体になじませながら混ぜて、お皿に注ぎ、パルミジャーノをひとつまみ添えて完成です。

米の炊き方(バリエーション)の調理ポイント

ピラフは聞いたことあるかもしれませんが、こうして並べてみると我々日本人は、自国のご飯の炊き方しかまるで知らないですよね。


このページのURLをコピーする

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Articolo correlato